Now Loading...

5/3 憲法記念日BRIDGE SP

5/3のHEAVENESE BRIDGE SPは
憲法についてのお話。
「憲法を一文でも読んだことありますか?」の問いに会場はザワザワ。
「9条が良いとか悪いとか言う前に、読んだこともないと意見も言えませんよね?「9条を断固守るべき」と言う人は9条を変えること=戦争だと思っている。でもそうじゃないんですよ。」と言う話から、憲法の89条の話へ。
89条には、国に属しない団体への助成金は禁止とある。じゃあ私立大学への国からの助成金って憲法違反なの?と言うと、憲法違反なんです!それなのに「誰も89条を変えろ!」とも「憲法違反だろ。私立大学は助成金を返還しろ!」とは言わない。皆さん教育のために助成金を使うことを悪いことだとは思わないですものね。
じゃあ、そんなおかしな日本国憲法は誰が作ったのか?

日本の知識人の中でも意見が色々あるが、一から日本人が考えたものなのか?というと、答えはノー!GHQのマッカーサーに押し付けられたものなんです。でもその押し付けられた草案を何とか日本の風土や気質に合ったものにしようと、和訳の段階で必死にGHQと戦った日本人の一人が【白洲次郎】です。
白洲次郎は、「自分は必要以上にやっているんだ。占領軍の言いなりになったのではない、ということを国民に見せるために、あえて極端に行動しているんだ。為政者があれだけ抵抗したということが残らないと、あとで国民から疑問が出て、必ず批判を受けることになる。」と後に語ったそう。
しかし白洲次郎の懸念した通りになってしまいましたね。
またこうも言っています。「この憲法は占領軍によって強制されたものであると明示すべきであった」
憲法作成に関わった本人がこう言っているのですから、押しつけられたものだということは明白ですし、政府が無いような混乱した国ならともかく、政府もしっかり機能していた主権国家に憲法を押し付けるのは、国際法違反なのです。

国際法違反で作られ、原文が英語だからおかしな日本語のある憲法を後生大事に守る必要って無いですよね。日本国憲法は戦後70年以上一度も一語一句変えたことのない世界最古の憲法だそうです。時代の変化と共に変えていくのが世界の常識なんですよね。
白洲次郎のように多くの日本人の犠牲によって今の日本があること、また憲法についてたくさん考えさせられ学ばせていただきました。

0CA7B24A-2907-4D59-8BBB-16E1ABEC0340

D1393676-D147-4DB6-BF14-68341D0CB12B

923761DB-766E-4EC7-A853-B8336598A78E

コメントはこちら