Now Loading...

8/28 House of praise

今、社会は混乱しています。
一体どうしてこんな事になっているのでしょうか。

ローマ人の手紙1:20-25
「神の、目に見えない本性、すなわち神の永遠の力と神性は、世界の創造された時からこのかた、被造物によって知られ、
はっきりと認められるのであって、彼らに弁解の余地はないのです。それゆえ、彼らは神を知っていながら、その神を神としてあがめず、感謝もせず、かえってその思いはむなしくなり、その無知な心は暗くなりました。

彼らは自分では知者であると言いながら、愚かになものとなり、不滅の神の御栄えを滅ぶべき人間や、鳥、獣、這うもののかたちに似た物と変えてしまいました。それゆえ、神は、彼らをその心の欲望のままに汚れに引き渡され、そのために彼らは、互いにそのからだをはずかしめるようになりました。それは彼らが神の真理を偽りと取り代え、造り主の代わりに造られた物を拝み、これに仕えたのです。造り主こそ、とこしえにほめたたえられる方です。アーメン」

この世界は神が作りました。
進化論の土台は偶然で、存在していることに意味がありません。自分が存在していることに意味が無いと思っていたら、、、人の心は病んで行きます。偶然には法則がありません。

でもこの世界は法則に満ちていると科学者は言います。科学者たちは、聖書を読まなくても有神論者なのです。

聖書は「初めに神が天と地を創造した」という文から始まります。宇宙には秩序があります。秩序があるということは法則があるのです。もし地球に月が無かったらどうでしょうか。地球は今の8倍のスピードで自転し、地上にあるものは全て宇宙に投げ出されるそうです。全てバランスが保たれていて、人類が住めるこの星が存在しているのは奇跡です。

しかし、この素晴らしい世界が混乱しているのです。この自然や宇宙を見たら神の存在を知ることが出来るにもかかわらず、人間は、神を認めず、感謝もせず、神の形さえも変えてしまった。人間が神を閉め出してしまったことが、混乱の原因なのです。神のせいではないんです。

この秩序ある世界を造った神は秩序の神です。人間が自分たちで勝手にやってるから無秩序な世界になるのです。

神は秩序を取り戻そうとしています。それがgood news =福音です。私たちは秩序を取り戻すために呼ばれたのです。秩序を取り戻す神のお手伝いをするということです。神は私たちを「世の光、地の塩」と言いました。

あなたは万有の奇跡です。あなたを悪く言う人の言葉に惑わされてはいけません。聖書には、あなたは神のポエムだと書いてあります。

神はなんのためポエムを描いたのか。
それは混乱したエデンの園に秩序を取り戻すため。
もう一度神との深い関係を取り戻すため。
そのためにあるのが、イエスの十字架です。
十字架は、神が秩序を取り戻して欲しいと願って送った、重要なメッセージなのです。

混乱の原因は人間の罪です。
罪とは法律を犯すということではなく、自分中心の心のこと。善悪を自分の基準で判断することです。「自分が正しい」と思う、その人間の心が罪なのです。「それは間違っている」と思うものは排除して良い、気に入らなかったら相手を傷つける、それが人間です。

でもイエスは、自分を十字架に付けた者たちを呪わず、むしろ、その者たちのために祈りました。ここに愛があるのです。

神との個人的な関係を回復させ、神の言葉に拠ってたち、神の意志に沿って生きるとき、あなたは世の光となり、回復の使節として神があなたを用いるのです。

さあ、神との関係を回復して歩き始めてください!

--------

宇宙を見れば秩序に満ちている、というのは本当にそうだなと思います。何千個、何万個と大小さまざまな星があるのに、
地球は大きな星とぶつかることなく、まだ存在しているし、物質の中にも宇宙はあって、原子の回りを電子や中性子が秩序を持って回っている。

自分が神のお手伝いをするなんて考えたことも無かったけど、この世界の秩序を取り戻すために存在しているのだとしたら、なんて素敵なミッションなんだろうと思いました。

♪セットリスト♪

01. Lord I Lift Your Name On High
02. The Call
03. Tell Everybody
– Message –
04. Let the church say Amen

コメントはこちら