Now Loading...

5/24 House of praise

古代ユダヤの有名な預言者 イザヤの言葉から、人がどこを目指して生きるべきかの智恵を学びました。
「あなたはどんな状況でも、立場でも、魅力がある人でいたいですか?」と最初の問いかけに、みんなが「はい」と答えると、
「みんなそうですよね。それはどんな人ですか?あなたがそこにいるだけで、『なんか良い影響を受けられそう』後光が差してるかのように『あの人には神がついてるよね』と言われる人になりたくないですか?」と。
世の中の成功って、お金持ちだとか、有名になるだとかで計られますが、イザヤの言う成功は、心の充実や心の状態を言っていて、その心とは神と共に住む人生だと言っていました。そしてどんな人と神は一緒に住んでくれるのか、また神とはどんな存在なのかを、マレさんが分かりやすく解説してくれました。
神というと宗教みたいだと言う人もいますが、マレさんは「存在の第1原因で、永遠の彼方から、永遠の彼方まで見ることが出来る、何にも影響を受けない 時間を超えた存在」と説明してくれました。
それを聞いて、確かにその通りだなと思いました。
誰かに影響を受けたり、一時期しか存在しなかったり、ある人とっては都合が良いけど、他の人にはそうじゃない、なんていうのが神だったら、信じたくないし、一緒にいて欲しくないなと思います。

信じるに値するものを信じるのは信仰であって、宗教ではないとの説明に納得しました。

Comment (1件のコメント)

  • いわまり 1年前 (2017.05.25 3:07 PM)

    存在の第一原因であり、自分の存在のデザイナーである神は、、
    砕かれた魂とともに住まわれると聞き、、
    深く励まされました。

コメントはこちら