Now Loading...

2/22 BRIDGE

2/22 Heavenese BRIDGEは
「台湾はどうして今でも親日国なのか」
どうして今でも、というのは、台湾は本当は反日国家になっててもおかしくないから。
日本と戦争したのは中華民国です。(中華人民共和国ではありません)
その中華民国が終戦後、人民軍に大陸を追われ、逃げ込んだ先が台湾でした。日本が戦争に負け、日本統治ではなくなった台湾は、中華民国の人達に占領されたのです。
中華民国は徹底的に台湾の中の日本を排除していきました。だって日本は敵国ですからね。日本語を話すことも禁止です。昨日まで日本人として育った台湾人は、いきなり中国人となりました。そしたら普通、中華民国の思想に染まり「憎っくき日本」となるところですね。
でも、、そうはならなかった。それはどうしてなのか?
その謎に迫るお話しでした。
Heaveneseにもとても良くしてくれ、震災の際にはどこよりも早く多額の義援金を送ってくれた台湾。こんなに日本を良く思ってくれる台湾なのに、日本は台湾と国交がありません。
中華人民共和国と国交を結ぶ際に、台湾を国として認めないという条件を日本が受け入れてしまったからです。
今日の話しを聞いて「このままで良いのか?日本」と思いました。

Comment (2件のコメント)

  • 西岡 寛人 2年前 (2017.02.23 7:43 AM)

    大陸から逃げてきた国民党軍が、日本統治時代から台湾に住む方達にした蛮行を、現在の日本人が知っている人は少ないのではないでしょうか?
    歴史の授業では絶対に学ばないHeavenese Bridge!いいね!
    なかなか仕事で参加出来ませんが、本HPには感謝です。

  • いわさん 2年前 (2017.02.24 9:33 PM)

    日本の統治時代の50年を知っている世代が絶える前に、ヘブニーズが行き、日台の架け橋になりえると信じて止みません。
    多桑世代が絶える前に!
    ますます、台湾に思いが強くなるブリッジでした。

コメントはこちら